天ぷらmp4

UX成分多めにしたい。

PlayStation®VR(PS VR)がとうとう発売! 開封と数日遊び倒した感想

PlayStation®VRがとうとう発売されました! 

わたくし幸運なことに、たまたま通りがかったヨドバシの臨時予約で予約できました。発売日になるのを楽しみにしていましたが、とうとう発売日です!(涙)

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

 

開封編

さっそく開封していきます。箱はこんな感じです。

f:id:golbaser-neko:20161016111200j:plain

こぎれいな感じですね。もうすでにワクワクしてきます。

f:id:golbaser-neko:20161016111413j:plain

いよいよ開けます。

f:id:golbaser-neko:20161016111553j:plain

中には白い箱が入っていました。

f:id:golbaser-neko:20161016111618j:plain

高級感が漂ってますね。ソニーの力の入れようが伝わってくる箱です。

f:id:golbaser-neko:20161016111639j:plain

パカッとな。PS3とかPS4と比べるとかなり開けやすくなってる印象。

f:id:golbaser-neko:20161016111655j:plain

説明書を取り出します。

f:id:golbaser-neko:20161016111719j:plain

おしゃれにまとめてますねえ。PSVRは箱の設計にも結構気を使ってそうです。

f:id:golbaser-neko:20161016111827j:plain

取り出し、取り出し

f:id:golbaser-neko:20161016111913j:plain

お、出てきました!

f:id:golbaser-neko:20161016112012j:plain

おお、これがPSVR!。

f:id:golbaser-neko:20161016112047j:plain

この大きさの割にかなり軽い印象。

f:id:golbaser-neko:20161016112146j:plain

出ました! 新品っていうのもありますが、綺麗ですね!

f:id:golbaser-neko:20161016112251j:plain

うーん。いい感じ。 

青いやつは説明書ですね。基本イラストで設定方法が理解できるようになっています。

分かりやすさをすごく意識している印象です。

PSVRは、ゲーマーだけじゃなくもう少しライトな層も狙ってる感じがしますね。

f:id:golbaser-neko:20161016112345j:plain

接続完了! 

写真だとシンプルに見えますが、PSVR機器を全部接続するとPS4周辺が結構ごちゃごちゃします。

あとイヤホンが付属してます。

f:id:golbaser-neko:20161016112708j:plain

 装着!(写真は妻)

なんかカッコいいw 青い光を常に放つのですごいサイバーな雰囲気です。

f:id:golbaser-neko:20161016113232j:plain

後ろも光ってます。

PSVRに限らずですが、360度見渡せる関係で常にキョロキョロしちゃいます。

f:id:golbaser-neko:20161016113413j:plain

部屋を少し暗くしてみると、サイバー感が増しますねw

f:id:golbaser-neko:20161016115416p:plain

なんかの映画ポスターにありそう。

 遊んだ感想

さっそく1日中遊び倒してみました。

総合的な感想としては、次期モデルが待ち遠しい!!です。

これはPSVRがダメというわけではありません。現時点でも没入感は既存ゲーム機の比ではないです。ゲームとしても十分に楽しめます。目の前に現れる巨大な敵やロボットの存在感と言ったら感動ものです。

ただ、現時点では解像度が低い。全体的にちょっとぼんやりした映像なのです。これは仕方ないことで、技術的、コスト的に限界なのでしょう。

あとは、まだカメラやセンサーの精度が甘い気がします。甘いというか扱いにくいという感じですかね。画面がなぜがどんどんずれていったり、シマネティックモードで画面が常に斜めになってしまったりが頻発します。設定をうまくやれば問題ないみたいですが、こまめに調整しなくてもパッとできるようになってほしいですね。

今は、細かい部分に甘さがありますが、おそらく次期モデルでは大きく改善してくるでしょう。解像度もどんどん上がると思います。

そうなるともう、すごいですよ!!

いまの低い解像度で十分な没入感とリアル感が出ているのに解像度も上がったらやばいやろ!と。

というわけで今から次期モデルが待ち遠しいという感想になりました。

では、機能別、ゲーム別の感想も書いていきます。

シネマティックモード感想

実は私、昔ソニーが出してたヘッドマウントディスプレイを所有してました。

 HMZ-T2。これと比べる感じになるのですが、もうPSVRすごいですね!全然進化してます。おそらくPlayStation®Cameraの恩恵もあり、目の前に出現するスクリーンのリアル感が全く違います。私80インチ相当のプロジェクタースクリーンを普段使っていますが、体感はそれよりデカい画面が目の前に現れる感じです。

ただちょっと画面に近すぎる感じが。。本当に目の前にスクリーンが表示されます。おそらく解像度の関係で画面を遠くしてしまうと文字が読めなくなるのでしょう。この辺は後の発展に期待ですね。

個人差あるでしょうが、映画なども普通に見れます。いかんせん解像度が低いので気になる人もいそうですね。ただ、大画面で映画というのが気軽に楽しめます。

プロジェクターもそうですが、解像度は実は低くくても画面がデカいだけで十分迫力が出るんですよね。

シン・ゴジラVR

www.moguravr.com

ちょっと気になってたので早速体験。

倒れて動けない人設定なの動けません。ゴジラが破壊した街並みを眺めたり、ゴジラが歩いたり、自衛隊と戦ったりするのを眺める感じです。

解像度の低さもあって、「おー」って感じ。すごい、やばい!っていう感じではないですね。気軽にVRを体験するには良いかも。

初音ミク VRフューチャーライブ(体験版)

ミクのライブがVRで楽しめるやつです。

結構楽しい。やっぱり画面眺めるだけより全然ライブ感があります。

ちょっと音ゲーっぽい遊び方もあって遊んでてちょっと汗をかきました。ただ、ミクちっさすぎない?。バットマンのVRゲームでも思いましたが、VRだと少し人間が小さく見えるみたいです。あえてなのか、調整ミスなのか。

個人的にはこのゲームもそこまでではなかったです。

ただ好き嫌いレベルの話なので、個人差ありそうですね。ミク好きの人やライブ好きの人はすごく楽しめるかも。

Invasion!

体感型のVR作品。ゲームというよりCG映画という感じ。5分ぐらいの短い作品ですが、VRで楽しむ映像作品という新しい体験ができます。

ウサギや宇宙人がかわいいのと、自分もウサギになっているのが楽しいですね。

つみきBLOQ VR(体験版)

目の前にあるテーブルに色んなものを積み上げていくゲーム。と思いきや、いろんなパズルが遊べます。レーザー光線を光の反射でうまく目的の場所に当てたり。爆弾でつみきタワーを効率よく破壊したり。

文字で書くと地味なんですが、これがすごく楽しい

ゲームの中でしかできないことをリアルにやっている感覚、というんでしょうか?パズルを解くだけなのに科学や物理の実験をやってる時の、あのわくわく感がありますね。

価格も1000円ぐらいなのですごくおススメ。

DRIVECLUB VR(体験版)

【PS4】DRIVECLUB VR

【PS4】DRIVECLUB VR

 

 VRでレースできるゲーム!!楽しい!

ただ、酔います。。

車に乗ってる感覚はすごいです。本当に車に乗ってるみたいです、酔うのも含めて。

一応、ゆっくりとドライブ感覚で運転するとギリギリ大丈夫そうでした。

ドライブを気楽に楽しむ方向のほうが受けるかもしれませんね。

VRゲームの研究が進んでくれば酔わないレースゲームも実現しそうですね。

日本驚嘆百景 白亜の要塞〜姫路城〜

www.kyodo-tv.co.jp

ノリで買ってみたVRコンテンツ。

ドキュメンタリー風にナレーションが進みます。その中でVR画面で背景を眺めたり、資料を見たりするソフトでした。

シネマティックモードや360度画面が切り替わっていくのがなかなか斬新ですね。

360度画面時の雰囲気は、実際にその場にいてガイドさんが説明してくれてる感じです。後ろをご覧くださいとか、右上をご覧ください、とか。

こういう形のドキュメンタリーって今後増えそうですね。結構面白いです。

ただ解像度が低いのが残念です。

THE PLAYROOM VR

www.jp.playstation.com

無料で遊べるソニー公式のゲーム。

無料だしあんまり期待してなかったのですが、楽しいですねこれ!

内容は複数人で遊ぶミニゲーム集になっています。

その中の、怪獣になって街を破壊するゲーム。本当に怪獣になってる感すごいです。パーティーゲームなので、VRつけてない人はヒーロー役です。怪獣側は小さいヒーローを叩き潰そうと必死になってみたり、ヒーローの攻撃をうまくよけたりがすごく楽しい。

あと秘密基地みたいなモードもあってこれもかなり良いです。本当に自分の秘密基地みたいですし、機械のギミックがすごくかっこいいです。

VRの中に秘密基地作れるゲーム作ったら絶対流行りますね!

The London Heist(ロンドン ハイスト)(体験版)

ギャングになって抗争を戦うゲーム。

体験版なので、できるのは射撃場での射撃練習のみ。にもかかわらず面白い!

コントローラーが手として表現されていて、ゲームの中で銃を握ると、現実でも銃を握っている感じになります。

VRになっただけでただの射撃がこんなに楽しいんですね!下手するとゲーセンや遊園地の射撃系ゲームより楽しいかも。

これはもう、FPS系のゲームは軒並みVRになっていきそうです。楽しさが全然違います。

発売したらこれは買いたい。

バットマン:アーカム VR

Batman Arkham VR (輸入版:北米)

Batman Arkham VR (輸入版:北米)

 

バットマンになりきるゲーム。

アクション物かと思いきやどっちかというとサスペンスのほうが近いかも。戦うというよりパズルを解いていく感覚で事件の真相を解決していくゲームです。

シーン毎という形になりますが、バットマンの世界をじっくりと眺め回せます。ゲームの内容自体はもしかしたら、普通のゲームでもありそうな内容。でもそれがVRになるだけで非常にリアルです。

殺人現場を調べる時のリアル感。死体安置所の不気味な空気。怪物に襲われた時の恐怖。本当にリアルです。

あとバットマンの基地は男の子が楽しめるギミックもいっぱいです。バットマンの乗り物を眺めたり、キャラクターのホログラムを眺めたり。よくわからない装置をそれっぽく触るのも楽しいですよねw。

ちなみに、ストーリーでも出てくるワニの怪物みたいなやつ。こいつは、ホログラムで近くから眺められるのですがマジで怖いです。3メートルはある化け物が目の前に現れた時の恐怖。これって普通感じれないと思いますが、このゲームでは感じれます。そういうの大丈夫な人はぜひ試してみてください。

VRゲームを堪能しようと思ったらまずこのゲームをやるのが良いですね。

RIGS Machine Combat League(VR専用)(体験版)

【PS4】RIGS Machine Combat League(VR専用)

【PS4】RIGS Machine Combat League(VR専用)

 

ロボットに乗り込んで戦うゲーム!男の子が大好きそうですね。

ゲームも実際楽しいです。ちょっと酔いますが。

個人的には戦うよりも乗り込むロボットを眺め回すほうが好きだったりします。

VRの特徴はやはり物の大きさをリアルに感じられることですね。大型ロボットが自分の目の前にある!という感覚。これが素晴らしいです。

平面では絶対に感じれない感覚なので、これもぜひ試してみてほしいです。

最後に

まだ1日遊んだぐらいですが、非常に楽しいです。

まだ長く遊べるタイトルが少ないので、これからたくさんビックタイトルが出てきてくれるとよいですね。

あとは、酔いの問題。まだまだVRの見せ方に改善できる部分がありそうです。この辺の研究が進むともっと動きの激しいゲームが楽しめるようになりますね。

まだ始まったばかりのVRですが、今後が非常に楽しみです!